トップ
Let's read comic
b0024233_057371.jpg
『はちみつとクローバー』
4巻chapter24です☆
ここの話が一番好き!
シソの葉の話です☆
ネタバレいやな人がいると困るので、
どんな話か気になる人は、
『つみとらなきゃいけなかったのに』に、
そこのところの台詞や
言葉をのせたのでクリックしてくださいね☆★
はちクロ前から気になってたんですけど、
ようやく全巻そろえました♪





感想ははぁ・・・(・。・*)
って感じです。

なんだか自分の記憶にある思い出やもどかしい気持ちを、
キャラが代弁してくれてる漫画ですね

まりおはあゆが大好きです。
なんだか昔の思い出を見てる気分にさせられます。
(あゆみたく美脚美乳美人じゃないけれど。。。)
マイナーどころでは、竹本くんにチャリあげた人とかの顔が好き笑

絵はかわいくて、つづられている言葉や登場人物の台詞も
ひとつひとつジーンとくるものばかり☆
なのにたまに入ってる『ピューと吹くジャガー』ばりのギャグに思わず笑わされる作品です。

もう一つおすすめなのは『ラブ☆コン』
身長172cm(高1のときより2cm伸びた)のリサが
身長156cmの大谷くんを好きになる、笑いアリ涙アリの恋愛漫画です☆
おもろいで~★☆
まっ買った理由は主人公の身長なんですけどね笑



☆Digest☆
台風でぽっきりと折れてしまったシソを、
あゆママは折れたところからちぎってしまいなさいといいます。
でもシソの折れたところの先には小さい新しい葉が
折れる前と何一つ変わらずついていました。
それを見たあゆはシソを折るのをためらい、『つっかえ棒をすれば・・』とそのままにします

慣れない浴衣を着て、髪の毛をあげて。
好きな人、真山の『似合うね』の一言を聞くためだけに
あゆはがんばります。
そして真山は期待通りにその台詞を口にします。
望んでいた言葉は聴けた。
けど真山の思いはあゆにはちっとも傾かない。

家に帰ると、折らないでおいたシソの葉は
自分の重みに耐えられず地面に這い蹲りのたうっていました。
それを見たあゆは自分の気持ちと重ねます。

これは折れたところでちぎるしかなかった
そこでちゃんと区切りをつけて
新しく枝を伸ばすより他になかったのだ

それでも私は
迷ってしまうのだ
どうしようもなく

――――はつみつとクローバー4巻Chapter24より抜粋―――


真山への思いが叶うわけはないのに、
それでも自分の気持ちに区切りがつけられないあゆを
折れたシソの葉に重ねて描いた羽海野さん、さすがです♪

☆relation☆ *やじるしが片思いのベクトルです

理花さん←☆―真山←☆―あゆ

まりおのつたない説明より、ぜひ本物を読んでくださいね♪   
[PR]
by Mari-Duck | 2005-05-22 00:57 | Diary




<< サイト大幅リニューアル★ >>



「別にそれほど疲れていやしない」なるたけ優しい言葉慌てて探してみる
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30